不動産一括査定サイトおすすめランキング!選び方やそれぞれの特徴を紹介

カテゴリ:マンション売却の手続き・ノウハウ
投稿日:2021.12.16

近年、自分の所有する不動産を売却する場合、よく利用されているのが不動産一括査定サイトです。

ですが、不動産一括査定サイトは数多くあるため、「どのサイトを選べばいいか分からない」、「どのくらいの不動産会社に査定をお願いしたらいい?」などの疑問を持っているのも多いのが事実。

この記事では、不動産一括査定サイトとはどのようなものなのか、特徴やメリットデメリット、そしておすすめランキングなどを詳しく解説します。

不動産一括査定サイトの特徴

不動産一括査定サイトとは、売却したい不動産の基本的な情報をインターネット上で入力するだけで、複数の不動産会社から査定書を受け取ることができるサービスです。

いままでは個別の不動産会社に依頼し、査定してもらうのが一般的でしたが、一括査定サイトは複数の不動産会社に依頼ができ、複数に査定をしてもらえます。数ある不動産会社の中から、一番高い金額を出してくれた不動産会社や、査定金額に納得できる情報をくれた不動産会社に決めることができます。不動産売却を考えている人はまずは不動産一括査定サイト選びからはじめてみると良いでしょう。

不動産一括査定サイトの選び方

不動産一括査定サイトは利用者の増加を受けていろいろな運営会社がサービスを提供しています。

ですが、たくさんの不動産一括査定サイトに登録してしまうと、たくさんの営業電話がかかってきてしまったりするなどのデメリットも。そのため、不動産一括査定サイトは1つに絞った方が良いでしょう。

ここからは不動産一括査定サイトの選び方について解説します。

1.売買実績が多い不動産仲介会社が査定するサイトを選ぶ

売買実績が多い不動産仲介会社は、売主様からの売却依頼である媒介契約をたくさん獲得しています。

売却依頼である媒介契約をたくさん獲得しているのは、適正な高値査定をして売主様の支持を集めている証拠です。

媒介契約をたくさん獲得している仲介業者の営業マンは、査定と売買の経験が豊富で、安心して任せることが出来ます。

東日本レインズに登録されている中古マンション6968件、中古戸建2405件の販売中物件データを収集して集計、分析した弊社独自の媒介契約数ランキングをご紹介します。

【マンション媒介契約数ランキング東京23区】

順位 会社名 媒介数 シェア 店舗数 従業員
1 三井不動産リアルティ 887 12.7 281 5391
2 住友不動産販売 841 12.1 256 3642
3 東急リバブル 620 8.9 203 3580
4 野村不動産ソリューションズ 573 8.2 86 1779
5 大京穴吹不動産 347 5.0 75 1260
6 大成有楽不動産販売 204 2.9 37 580
7 オークラヤ住宅 168 2.4 16 466
8 三菱地所ハウスネット 121 1.7 35 507
9 長谷工リアルエステート 96 1.4 41 453
10 住友林業ホームサービス 92 1.3 53 489

出所:東日本レインズの東京23区マンション在庫(9月17日時点、売主、30㎡未満、オーナーチェンジ除く6968件)を弊社が集計

豊富な実績を誇る不動産仲介大手の上位4社は、中古マンションの査定を依頼する時に外したくない仲介業者です。

【中古戸建媒介契約数ランキング東京23区】

順位 会社名 媒介数 シェア
1 住友不動産販売 350 14.6
2 三井不動産リアルティ 292 12.1
3 東急リバブル 236 9.8
4 大成有楽不動産販売 106 4.4
5 野村不動産ソリューションズ 105 4.4
6 住友林業ホームサービス 54 2.3
7 三井住友トラスト不動産 22 0.9
8 スターツピタットハウス 21 0.9
8 福屋不動産販売 21 0.9
10 ポラスグループ・中央住宅 18 0.7
10 ケン・コーポレーション 18 0.7
10 ホームプラザ 18 0.7

出所:東日本レインズの東京23区売中古戸建在庫(10月7日時点、売主物件除く2405件)を弊社が集計

上位3社は、査定を依頼する時に外したくない仲介業者です。

中古戸建の査定は、実績の豊富な不動産仲介大手である上位5社から選ぶのが理想的です。

2.依頼できる業者の多さで選ぶ

一括査定サイトの違いとして、提携不動産会社の数が挙げられます。

多いサイトでは、2,000社以上もの不動産会社と提携しているサイトなどもあり、全国を網羅しているサイトや地域限定のサイトなどさまざまです。

また、サイトごとに提携している不動産会社の数は多くても、依頼できる不動産会社には上限があります。

いくら提携している不動産会社が多くても、依頼できる会社の上限が少ないとあまり意味がないと感じる人もいるのではないでしょうか。

査定依頼しようとしているエリアにおける不動産会社の数に不安がある場合は、提携している不動産会社が多いサイトを選びましょう。

とにかくたくさんの不動産会社に査定を依頼したい場合は、提携会社が多く、依頼できる不動産会社の上限が多いサイトなど、業者の数で選ぶことも可能です。

主要サイトの提携会社数は以下表にまとめました。

サイト名 提携会社数 同時依頼数
LIFULLHOME’S 3,271社 10社
SUUMO 2,000社以上 10社
イエウール 1,974社 6社
HOME4U 1,300社以上 6社

3.得意としている物件の種類で選ぶ

ひとことで不動産といっても、マンション、戸建て、土地、倉庫など種類はさまざまです。

不動産一括査定サイトの中には、マンションに特化した一括査定サイトなど、不動産の中でも種類を限定することで、差別化を図っています。

投資用物件に強い不動産会社と提携している、地方での売却実績がある不動産会社を集めているなど、サイトごとに特色があります。

農地や店舗などの特殊な不動産を査定したい場合、そのような不動産を取り扱っていないサイトもありますので、自分が売ろうと考えている不動産のタイプに合わせて不動産一括査定サイトを選びましょう。

4.個人情報の取り扱いがきちんとしているかで選ぶ

一括査定サイトを利用する場合ネット上で、いくつかの個人情報を入力しなければいけませんので、個人情報の取り扱いがきちんとしているサイトを選ぶことは大切です。

個人情報の取り扱いについては、運営会社の規模などで判断することもできるでしょう。

一括査定サイトの中には運営会社が東証上場企業の場合や、超大手の上場企業がまとまって運営しているサイトなどがあります。

東証上場企業が運営しているサイトなどを利用することで個人情報の安心感を担保することができるでしょう。

また、個人情報の取り扱いについて方針をHPで公開しているサイトもありますので、サイトをしっかりと確認することも大切になります。

引用:https://sell.yeay.jp/about/privacy/

画像は、イエイの個人情報の取り扱いに関する方針のページです。大手不動産一括査定サイトはこういったページをしっかりと設けていることが多いですので、依頼をする前にしっかりと確認しておくと良いでしょう。

5.過去に利用したユーザーの口コミで選ぶ

既に多くのユーザーが利用している一括サイトは口コミなどで評判を調べることもできます。

ツイッターなどのSNSで口コミの感想などを知ることが可能です。

良い口コミもあれば、悪い口コミもあるでしょうから、口コミをチェックして一括査定サイトを選ぶ参考にしましょう。

今回この記事では、ユーザーの口コミもご紹介しますので、そちらも参考にしてください。

不動産一括査定サイトのメリット

不動産一括査定サイトの選び方をご紹介しましたが、不動産一括査定サイトを利用するメリットには以下のようなものがあります。

  • 手間がかからない
  • たくさんの業者に一括で査定依頼ができる
  • 競争原理が生まれて一生懸命になってくれる

以上3つのメリットについて、解説していきます。

手間がかからない

ネット上で必要な情報を入力すれば、複数の不動産会社から査定書が届くため、手間がかかりません。

従来では、複数の不動産会社に直接赴いて一社ごとに査定を出して貰うため、何度も同じ情報を伝える必要がありました。

ですが、不動産一括査定サイトなら一度情報を登録すれば、一括で不動産会社に査定を行ってもらうことが可能です。

たくさんの業者に一括で査定依頼ができる

今までの査定依頼はわざわざ不動産会社ごとに依頼しなければいけませんので、多くても2社か3社程度で、基本的には1社の査定金額で判断しているケースが多かったといえます。

1社だけの査定金額だと、その査定が妥当なのかどうかがわからないといった不安材料がありました。

しかし、一括査定サイトでは複数の不動産会社に査定を依頼することができるので、妥当性が高まります

最も高い価格を査定した不動産会社を選んでもいいですし、平均的な価格を査定しているところを選んでも良いのでユーザーの選択肢も広がるのです。

競争原理が生まれて一生懸命になってくれる

査定しただけでは不動産会社の収益にはなりません。

査定した価格にユーザーが納得し、なおかつ売却の依頼を受け、売買を成立させないと仲介手数料を受領することができません。

査定金額は、複数の不動産会社が提出しますので自然と競争原理が生まれます。

自分たちの会社を選んでもらおうと、物件のセールスポイントをたくさん探すなど、最も高い査定金額を提示しようと一生懸命になってくれるでしょう。

これも一括査定サイトの大きなメリットです。

不動産一括査定サイトのデメリット

不動産一括査定サイトのメリットについて解説してきました。

しかし、一括査定サイトの利用はメリットばかりではありません。

デメリットもありますので双方をしっかりと理解し、一括査定サイトを利用するかどうかを決める必要があります。

ここからは、不動産一括査定サイトのデメリットについて解説しましょう。

そこまで机上査定では違いが出ないこともある

不動産会社が部屋に来る訪問査定ではなく、データだけで査定金額を算出する机上査定の場合、金額はさほど差が無いことがあります。

最近では、同じような机上査定システムを使っているケースもあるので、机上査定結果も似通ってくることがあります。そのため、査定金額ではなく、不動産会社の対応や口コミで選定する必要があります。

査定金額通りに売れるとは限らない

査定金額はあくまでも査定金額ですので必ず売れるとは限りません。

査定金額で販売を開始して問い合わせなど反響が少なければ、不動産会社の担当は価格を下げましょう、と交渉をしに来ます。査定金額が相場より大幅に違っていれば、時間を無駄に使った挙句、販売価格を下げることになります。

また、一括査定をした数社から自社に売却依頼をしてもらうために、相場とかけ離れた査定を行う不動産会社もありますので、1社だけかけ離れた査定金額を提示している会社は要注意です。

売買の実績が少なく賃貸仲介がメインの不動産会社もあります。売買仲介の実績が豊富で適正な売却査定をできる不動産会社かを前もって確認するなどの対策も必要といえます。

査定金額の幅が大きくわかりづらい

少し前述しましたが、不動産会社によって査定スタンスは異なりますので、特に売却が確実な訪問査定は査定金額に開きがある場合があります。

複数の不動産会社に頼んだために逆に価格がバラバラで適正価格が分からないということも。

特に、高い金額を提示した不動産会社を選んだ場合、なかなか売れずに結局値下げしたといったケースも見られます。

不動産会社に任せきりにするのではなく、自分でもおおよその相場を分析し、依頼することも大切なポイントといえるでしょう。

多くの仲介業者から連絡がくる

査定依頼を行うと不動産会社ごとに連絡が来ます。

複数の不動産会社から連絡が来てしまうことが煩わしく感じるかもしれません。

あまり過度なセールスを行わないようにしている不動産一括査定サイトもありますので、このようなサイトを利用することも対策の一つです。

その後の連絡が丁寧でない・対応が雑なこともある

たくさんの不動産会社と提携している場合、不動産会社の中には対応が雑な会社などもあるでしょう。

不動産一括査定サイトも、ユーザー対応に対しての注意を促してはいるのですが、提携不動産会社の数が多すぎて行き届いてないことも考えられます。

全ての不動産会社の対応がいいわけではないといった点もデメリットといえるでしょう。

不動産一括査定サイトを利用した方の口コミ・評判

先ほど、不動産一括査定サイトの選びかたとして口コミや評判を見て判断することをおすすめしました。

実際に不動産一括サイトを利用している人はどのような口コミや評判をSNSで上げているのでしょうか?

ツイッターなどの良い口コミと悪い口コミを見てみましょう。

良い口コミ

まずは、良い口コミについて見てみましょう。

「一括査定サイト」の魅力は、情報を入力するだけで正確な家の価格が分かるということ。一括査定を利用すれば、無料で査定の結果や不動産会社を比較できるし、不動産会社の対応についても比較しやすい。不動産会社も他社に負けないように力を入れて資料を作ってくれるので、かなり有用なように思う。
(40代/男性)

一括査定なら、不動産会社の対応についても比較がしやすいという声もありました。


不動産会社を探すのに苦労していましたが、不動産一括査定を利用したらすぐに見つけることができました。その中の1社が良い資料をすぐに送ってくれたので、不動産売却の参考になりました。

(30代/男性)

不動産会社を探すために不動産の一括査定サイトを利用した方の口コミです。査定金額だけでなく、不動産売却に役立つ資料を送ってくれる不動産会社を見つけることができたという声がありました。

不動産の査定はわざわざ不動産会社に行かないといけないと思っていたけど、今はAIで査定してくれたり、一括で査定を頼めるサイトがあるんですね……!営業は受けたくないけど査定金額だけ知りたいときはAIに任せちゃえばいいし、すごく便利!
(40代/女性)

不動産一括査定サイトの進化の度合いに対して驚きのつぶやきです。

今後はAI等も用いて更に高度化することも想定されますね。

悪い口コミ

次に悪い口コミについて見てみましょう。

不動産価格の一括査定申し込みサイトに頼んだら、下手すれば数週間、仕事にならないほど電話がなります。たくさんのところに査定は出さず、しっかりと会社を選んでから頼めばよかったと後悔しています。
(50代/男性)

不動産一括査定サイトを利用してからの営業電話に困っているようです。

サイトに通報すればしつこい電話もやめてくれるケースもありますので営業電話の恐れが少ないサイト選ぶかポイントですね。

希望する連絡時間などをちゃんと記入しているのに、仕事中に電話がかかってくることも多々ありました。自分の希望をしっかりと読んでくれない会社はもし頼んだとしても誠実じゃなさそうなので、仕事中に電話をしてきた不動産会社には絶対に頼まないと思いました。
(30代/男性)

不動産一括査定サイトを利用するとどうしても不動産会社からの連絡は避けられません。

しかし、なるべく負担を減らすために連絡をしても良い時間や連絡方法を記載できるサイトもあります。

今回はそこに記入していてもお構いなしに連絡されたようです。

不動産一括査定サイトおすすめ11選

SUUMO不動産売却

SUUMO不動産売却査定
対応物件の種類 マンション・戸建て・土地
掲載する不動産会社数 約2000店舗
運営会社 株式会社リクルート住まいカンパニー
同時申込会社数 最大10社

SUUMO不動産売却の特徴

大手リクルートが運営している有名不動産ポータルサイトです。SUUMO不動産売却は、「知名度のあるサイトを利用したい」「不動産売却について基礎から知りたい」という方におすすめ。知名度の高さはさることながら、掲載している不動産会社数は2000店舗を超えていて、大手不動産会社のみならず地域密着型の不動産会社も探すことができます。提携会社はSUUMO独自の基準を満たした会社のみ掲載されているので、安心して査定を行うことができるでしょう。

SUUMO不動産売却はこんな人におすすめ

  • できるだけ多くの会社で査定をしたい方
  • 首都圏や地方都市の物件を売却したい方
  • コラム記事などで不動産売却の知識を得たい人

SUUMO不動産売却公式サイト

HOME4U

HOME4U
対応物件の種類 マンション(室・棟)・戸建て・土地・
ビル(室・棟)・店舗・事務所・倉庫
掲載する不動産会社数 1,800社以上
運営会社 株式会社NTTデータスマートソーシング
同時申込会社数 最大6社

HOME4Uの特徴

HOME4Uは、日本初の不動産一括査定サイト。マンション、戸建て、土地以外にも、ビル、店舗、事務所、倉庫にも対応しているのがメリットです。

成約実績は累計20万件以上と確かな実績があることや、1800社以上の不動産会社の中から条件に合った会社を見つけることができます。

大手NTTデータグループが運営しているため、高度なセキュリティシステムで個人情報保護を行っています。情報が漏れる不安がある、営業電話がたくさんかかってくるのが怖いという方でも、安心して利用できるでしょう。

HOME4Uはこんな人におすすめ

  • 査定は有名なサイトで頼みたい方
  • 個人情報の入力が不安な方
  • 特殊な物件を売却したい方

HOME4U公式サイト

LIFULL HOME’S

LIFULL HOME’S
対応物件の種類 マンション・戸建て・土地
掲載する不動産会社数 3,282社以上
運営会社 株式会社LIFULL
同時申込会社数 最大10社

LIFULL HOME’Sの特徴

創業20年以上の株式会社LIFULLが運営をしているLIFULL HOME’S。一般的な査定はもちろん、「住み替え」「相続」「買取」など、売却理由から会社を探すことができるのが特徴。匿名で簡易査定をしてもらうこともできるため、個人情報を入力せずに概算価格をチェックすることもできます。AIを使ったものではなく、不動産会社が簡易査定を行うため、精度の高い査定結果を確認し、直接不動産会社に連絡を取ることもできます。

また、新型コロナウイルスの感染防止対策として、売却の相談や査定依頼をオンライン・電話・非対面での相談が可能になっています。なるべく外出を避けたいという方でも、利用しやすいサイトといえるでしょう。

LIFULL HOME’Sはこんな人におすすめ

  • 匿名査定で金額次第で不動産売却を考えている人
  • 知名度があるサイトを利用したい人
  • 売却理由から細かく不動産会社を選びたい人

LIFULL HOME’S公式サイト

リビンマッチ

リビンマッチ
対応物件の種類 マンション・戸建て・土地・店舗・倉庫
掲載する不動産会社数 1,700社以上
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社
同時申込会社数 最大6社

リビンマッチの特徴

リビンマッチは、2006年にスタートした年間12万件以上の査定依頼・資料請求が行われている大手不動産一括査定サイトです。株式会社マーケティング アンド アソシェイツの2021年の調査では、リビンマッチが「不動産査定サイト認知度No.1」「使ってみたい不動産査定サイトNo.1」に選ばれています。不動産売却だけでなく、賃貸管理会社を探している方や、買取を考えている方、土地活用を考えている方向けのサービスも充実しているので、売却の他の選択肢も考えたいという方におすすめのサイトです。

リビンマッチはこんな人におすすめ

  • 売却だけではなく、選択肢が豊富なサイトを利用したい人
  • 地方にある不動産を売却したい人
  • 買取やリースバックなど特殊な売却を視野に入れている人

リビンマッチ公式サイト

イエイ

イエイ
対応物件の種類 マンション・戸建て・土地
掲載する不動産会社数 1,700社以上
運営会社 セカイエ株式会社
同時申込会社数 最大6社

イエイの特徴

イエイは、掲載不動産会社数が1,700社以上と多く、さらに悪質な業者や営業がしつこい会社などは「イエローカード制度」によって除外されています。そのため、不動産会社の質も高く、安心して利用できるサイトです。

電話やメール、対面でできるイエイの無料相談は、イエイの専任スタッフが中立的な立場からサポートしてくれるサービスです。「不動産屋さんには相談しにくい」「誰に相談すれば分からない」といった内容も、専門知識を持ったスタッフに相談できるので、不動産会社とのマッチング以外でのフォローも欲しいという方におすすめです。

イエイはこんな人におすすめ

  • 不動産会社が話しづらい、営業を断るのが苦手な方
  • 対面での相談をしたい方
  • 専任スタッフによるマッチング以外のサポートを受けたい方

イエイ公式サイト

イエウール

イエウール
対応物件の種類 マンション・戸建て・土地・投資物件・店舗・工場・倉庫・農地
掲載する不動産会社数 1,900社以上
運営会社 株式会社Speee
同時申込会社数 最大6社

イエウールの特徴

東京商工リサーチの調査で「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」の3つの部門で見事1位を獲得しているイエウール。対応エリアが広く、大小問わず様々な不動産会社に査定を依頼することができます。顧客からクレームの多い企業は契約を解除することができるシステムがあるので、悪質な企業は排除され、使いやすいサイトとなっています。初めて不動産売却を考えているという方は、コラムで知識を得ることができるほか、関連サイトで不動産会社の評判や取引事例を見ることができるので、一度は確認しておく価値のあるサービスです。

イエウールはこんな人におすすめ

  • 地方の物件を売却したい方
  • 不動産会社の評判なども確認したい方
  • 提携会社数が多いサイトで一括査定したい方

イエウール公式サイト

マンションnavi

マンションナビ
対応物件の種類 マンション
掲載する不動産会社数 2,500社以上
運営会社 マンションリサーチ株式会社
同時申込会社数 最大9社

マンションnaviの特徴

マンションナビは、売却の業者6社と賃貸を得意とする業者3社を選んで査定を受けることができます。売却と賃貸経営で迷っている方は、利用する価値のあるサービスでしょう。また、相場・過去データをリアルタイムで確認できるAI査定のサービスもあります。査定結果を待つことなくその場で相場を知ることができるので、査定を出す前の事前調査として利用することができます。

エリアが東京23区のみですが、個人情報を入力せずに依頼ができる匿名査定も用意していますので、大体の査定結果が知りたいけれど、個人情報の入力に抵抗がある方や営業を受けたくないという方におすすめです。

マンションnaviはこんな人におすすめ

  • マンション売却に特化したサイトで査定を受けたい方
  • 気軽に査定金額を知りたい方
  • 賃貸物件としての運用も考えている方

マンションnavi公式サイト

いえカツLIFE

いえカツLIFE
対応物件の種類 マンション・戸建て・土地・再建築不可物件・貸地権・底地
掲載する不動産会社数 500社
運営会社 セカイエ株式会社
同時申込会社数 最大6社

いえカツLIFEの特徴

いえカツLIFEは、不動産売却の中でも「離婚」「相続」「金銭問題」「空き家問題」といった少し複雑な売却内容に特化した一括査定サイトです。

弁護士への無料相談が利用でき、不動産仲介・買取・リースバックなど、特殊な方法での売却も得意としています。売却期間や売却方法を選択することができるので、「なるべく早く売りたい」「売却方法に迷っている」という方におすすめのサイトです。

いえカツLIFEはこんな人におすすめ

  • なるべく早く売却をしたい方
  • 相続・金銭問題などで弁護士に相談もしたい方
  • 他サイトでは対象外の特殊な物件を売却したい方

いえカツLIFE公式サイト

HowMa(ハウマ)

HowMa(ハウマ)
対応物件の種類 マンション・戸建て
掲載する不動産会社数 30社
運営会社 株式会社コラビット
同時申込会社数 最大6社

HowMa(ハウマ)の特徴

HowMaは、AI査定とオンライン売却の2つのサービスがあるサイトです。3900万件以上の査定実績データを参考に、相場をリアルタイムで算出することができます。どちらも匿名入力なので、営業電話などがかかってくる心配はありません。

また、「売却を考えているけど時期は今でいいのだろうか」「いつか売るための計画を立てたい」という理由で不動産価格を把握し続けたい方にも利用しやすいサイトです。スマホから簡単に査定ができるため、手軽に確認がしたいという方におすすめです。

HowMa(ハウマ)はこんな人におすすめ

  • 査定金額は知りたいが、営業を受けたくない方
  • 忙しくて時間が取れない方
  • 全てオンラインで完結したい方

ハウマ公式サイト

マンションレビュー

マンションレビュー
対応物件の種類 マンション・戸建て・土地
掲載する不動産会社数 350社以上
運営会社 株式会社ワンノブアカインド
同時申込会社数 最大6社

マンションレビューの特徴

マンションレビューは、2009年からマンションの資産価値の情報収集を続け、その蓄積したデータを物件ごとに公開しているサイトです。また、各マンションの総合レビューなども確認できるため、住み替えを検討している方にもおすすめです。マンションの売却は全国350社以上の中から売却に強い不動産会社に一括査定ができるのはもちろん、賃貸管理会社70社以上の中から賃料の査定もできますので、売却と賃貸運営で迷っているという方は利用する価値アリのサイトでしょう。

マンションレビューの一括査定サービスを利用する際は、株式会社NTTデータ・スマートソーシングが運営する「HOME4U」もしくは株式会社ワンノブアカインドが運営する「ユスフル」に移動しますので、注意しておきましょう。

マンションレビューはこんな人におすすめ

  • 自分の売却したいマンションのレビューを見てみたい方
  • 賃料や価格の履歴や新築時からの騰落率を確認したい方
  • 売却か賃貸運営かで迷っている方

マンションレビュー公式サイト

すまいvalue

すまいvalue
対応物件の種類 マンション・戸建て・土地
掲載する不動産会社数 6社
運営会社 小田急不動産(株)、住友不動産販売(株)、東急リバブル(株)、野村不動産ソリューションズ(株)、三井不動産リアルティ(株)、三菱地所ハウスネット(株)
同時申込会社数 最大6社

 

すまいvalueの特徴

不動産一括査定サイトは、大手不動産会社から地域密着型の不動産会社まで網羅していることが一般的。ですが、すまいvalueは不動産仲介業界の中でも最大手である「野村の仲介+」「三菱地所ハウスネット」「住友不動産販売」「東急リバブル」「三井のリハウス」「小田急不動産」の6つの不動産会社に限定した一括査定サイトです。

大手企業だからこそできる売却プランや、無料相談などのサポート体制が充実。エリアごとの物件の価格や価格推移の確認もできるので、売り時を見極めている方にもおすすめできるサイトです。

すまいvalueはこんな人におすすめ

  • 売却は大手不動産会社にお願いしたいという方
  • トラブルや相談に対応してくれる会社を選びたい方
  • 大手のノウハウで適正な査定金額を知りたい方

すまいvalue公式サイト

不動産一括査定サイトのよくある質問

ここまでは、一括査定サイトについて、概要や選び方、メリットやデメリット、おすすめの不動産一括査定サイトを解説しました。

この他にも不動産一括査定サイトについてよくある質問を下記にまとめましたので、質問について解説しましょう。

査定金額はどうやって出しているの?

一括査定の提携不動産会社の規模は大手から地場に強い不動産会などさまざまです。
査定金額の算出方法については、不動産会社によって異なります。
一般的な物件は、取引事例比較法に類する査定方法で査定をします。しかしながら物件の種類による得意不得意、過去の取引実績の有無、市場動向の見方の違いなどにより査定価格に違いが出ます。

利用料金は無料?

不動産一括査定サイトの利用は基本的に完全無料です。

机上査定、訪問査定、いずれも料金は発生しません。査定報告書の作成に関しても費用は発生しないので、安心して利用できます。

査定方法は?

机上査定と訪問査定などがあります。

机上査定とは現地を確認せずに、物件の所在地や面積など物件概要と取引事例などでだけで査定し、訪問査定は実際に目で見て、建物の経年状態や土地の周辺環境なども加味して査定する方法です。
ですので、机上査定と訪問査定では査定金額が変わることもありますので注意が必要です。
机上査定なら不動産会社と会わないで気軽に査定をしてもらえます。
具体的に売却を検討中なら、より正確な金額を知ることができる訪問査定がおすすめです。

一括査定後にキャンセルはできる?

査定後のキャンセルは可能です。

査定後にやっぱり売却をやめる、知り合いの不動産屋に売却を依頼するなど、利用した一括査定の提携不動産会社に売却を依頼しなくても特に問題はありません。

まとめ

不動産一括査定サイトの浸透により、より手軽に査定を複数の不動産会社に依頼することができるようになりました。複数の査定を比較検討することで、相場が分かり納得感のある価格での売却も期待できます。

しかし、一括査定サイトにはメリットも多いのですが、デメリットもありますので、十分理解した上で利用しなければいけません。

さまざまな不動産一括査定サイトがありますので、利用を検討している場合、この記事を参考にしてはいかがでしょうか?

 

airi(執筆)
Airi.M
ウェブマーケティング企業出身、異色の不動産ライター。
「エンド目線」をなにより大切にしており、エンドユーザー側・不動産業界側、どちらの視点も知っているからこその”濃い”コンテンツ制作に定評がある。多くの不動産関連媒体での執筆経験を持つ。

 

※弊社東京テアトル株式会社は、利用者がコンテンツを用いて行う一切の行為(コ

ンテンツを編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任負

うものではありません。

※弊社東京テアトル株式会社は、ページに掲載する情報の正確さには万全を期して

いますが、弊社は利用者が弊社ホームページの情報を用いて行う一切の行為につ

いて責任を負うものではありません。