いえカツLIFEってどんなサイト?評判や利用するメリットをご紹介

カテゴリ:マンション売却の手続き・ノウハウ
投稿日:2021.12.31

不動産売却での情報収集にあたり、ネットで不動産一括査定サイトの「いえカツLIFE」に査定を頼もうか迷っている方に向けて、今回は、いえカツLIFEはどのようなサイトなのか、運営元の詳細、評判や他社とは違ったメリット特徴を紹介いたします。

いえカツLIFEの利用を検討している方は参考にしてください。

いえカツLIFEはどんなサイト?

いえカツLIFEは、不動産の査定価格を、1回の入力で最大6社からまとめて取り寄せができる一括査定サイトです。厳選された500社のなかから得られた複数の査定結果を比較して最高額がわかります。いえカツLIFEは、厳選された経験豊富な不動産会社と、不動産を売却したい方をマッチングしてくれるサービスです。

いえカツLIFE
対応物件の種類 分譲マンション・一戸建て・土地・一棟アパート・一棟マンション・投資マンション(1R、1K)・再建築不可物件・借地権・底地・その他
提携する不動産会社数 500社
運営会社 株式会社 サムライ・アドウェイズ
同時申込会社数 最大6社

いえカツLIFEのサービスの流れ

引用:https://iekatu-life.com/

いえカツLIFEのサービスの流れは以下の通りです。

  1. いえカツLIFEにアクセスする
  2. 物件の種類と所在する都道府県を選択する
  3. 査定をする不動産の詳細を入力する
  4. お客様情報の入力
  5. アンケートの入力
  6. 不動産会社からの連絡を待つ

査定する不動産の詳細は「詳しい住所」「延床面積」「土地面積」「間取り」「築年数」「物件の現況」「物件の所有者」などです。査定する物件の種類によって内容は異なります。

アンケートでは、「仲介」「業者買取り」「リースバック」の中から気になる売却方法と売却理由の選択が必要です。最後に「要望・質問」の入力欄があるので、詳しく入力をしておきましょう。

  • 電話連絡は平日の夕方しかでられない
  • まずはメールで連絡をください
  • 家族に知られたくないので配慮してください

要望は上記の内容などを入力します。トラブルになりそうなことは事前に要望で伝えておくことが大切です。

いえカツLIFEの運営会社

いえカツLIFEの運営会社の概要は次のとおりです。

運営元株式会社サムライ・アドウェイズ
設立日2012年2月8日
本社所在地東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー38F
従業員数27名(2019年4月現在)
資本金60,000,000円

株式会社サムライ・アドウェイズは、2020年に東京証券取引所市場第一部に上場した株式会社アドウェイズの子会社です。グループ全体の従業員数は900人を超えており、一定の社会的信頼を得ています。

いえカツLIFEの特徴

いえカツLIFEの特徴は以下の3点。

  • 売却方法ごとに査定価格と売却適正期間が比較できる
  • 査定可能な物件の種類が豊富
  • 弁護士への初回法律相談が無料

こちらの3つの特徴についてご紹介いたします。

売却方法ごとに査定価格と売却適正期間が比較できる

引用:https://iekatu-life.com/

いえカツLIFEは、3つの売却方法により査定価格を提示してくれます。

  • 仲介
  • 買取り
  • リースバック

「仲介」

引用:https://iekatu-life.com/

不動産会社が買主を探して売却をする方法です。上記の中では一番高額での売却ができますが、買主が見つからないといつまでも売れません。売却を急がれている人には向かず、不動産会社の営業力も重要になります。売却時に発生する仲介手数料が不動産会社の利益です。

「買取り」

引用:https://iekatu-life.com/

不動産会社が購入してくれる方法です。買主を探さないため素早く売却できるメリットがありますが、価格は仲介よりも低くなります。不動産会社は、物件に手を加え新たな買い手に販売したときの差額で利益を得るので、どうしても安くなりがちです。

関連記事:マンション買取の相場、買取価格は市場価格の何パーセント?

「リースバック」

引用:https://iekatu-life.com/

売却後に買い手と賃貸契約を結び、引き続き住み続ける売却方法です。住む場所を変えず、まとまったお金が必要なときに有効。余裕ができれば将来買い戻すこともできます。ただし住宅ローンの残債より売却価格が高額でないと実行できません。賃貸として借りるときの賃料も割高になりがちです。

いえカツLIFEは、上記3つの売却方法の査定をまとめてしてくれます。「査定額」と「必要売却期間」の提示を参考に、より良い売却方法を選べるのが特徴です。

査定可能な物件の種類が豊富

引用:https://iekatu-life.com/

いえカツLIFEは、査定評価可能な物件の種類が豊富です。断られる可能性が高そうと思っている物件でも、いえカツLIFEに査定依頼してみましょう。

「査定評価可能な不動産」

  • 共有持分:共有名義の不動産
  • 借地権:建物の所有を目的とする「地上権」または「土地の賃借権」
  • 底地:借地権が設定されている土地
  • 再建築不可物件:現在ある建物を壊して新たな建築ができない物件(その土地が幅員4m以上の道路に2m以上接していない物件)

いえかつLIFEなら、高度な専門知識をもつ不動産会社を厳選して提携することにより、上記のような物件も査定評価が可能です。
査定可能な物件の種類が豊富なのはいえカツLIFEの特徴の一つです。

関連記事:借地権付きのマンションは売却できる?

弁護士への初回法律相談が無料

不動産の売却について、弁護士への法律相談が初回のみ無料で受けることができるのも、いえカツLIFEの特徴です。査定依頼フォームの入力を進めると、査定依頼理由の欄で下記の選択肢が表示されます。

  • 相続のため
  • 離婚のため
  • 金銭的な理由のため

これらの売却理由については、法律の専門知識に基づいた適切なアドバイスが必要になることもあります。例えば、複数の相続人による遺産分割協議で不動産を相続して売却する場合などは、身近に相続問題を解決できるプロがいれば心強いでしょう。

共働きが普通になったことから共同名義で住宅ローンを通す夫婦も増えました。ですが、離婚時に所有している不動産をどうするかは問題としてよく起こりがちです。離婚時の財産分与でもめるときは法律での解決が求められます。

初回無料なら、費用面や不安に思っていることも相談しやすくなります。弁護士への相談窓口も欲しい方には、いえカツLIFEの利用がおすすめです。

いえカツLIFEを利用している人の口コミ・評判

いえカツLIFEを利用した人のリアルな口コミから評判を紹介します。良い口コミだけをみてもいえカツLIFEの正しい評判はわかりません。正確な分析には悪い口コミも必要です。良い口コミだけでなくいろいろな声を聞くことで総合的に評判を把握しましょう

いえカツLIFEの良い口コミ

急な海外転勤で分譲マンションの売却を決めました。賃貸も考えましたが、いろいろと面倒もあるため早期売却がベストと思い買取りしてくれる不動産会社を求め、いえカツLIFEを利用しました。早期なので安くなるのも仕方がないと思っていましたが、査定してくれた不動産会社から「2週間で売れなければ2,700万円で当社が買い取ります。しかし仲介でもすぐに買手が見つかると思うので、まずは仲介をさせてください」と提案されました。結果は1週間ほど買手が見つかり価格は3,300万円です。いえカツLIFEのおかげで良い出会いに恵まれました。

(男性・40代)

連絡をいただけたすべての担当者が丁寧な対応で驚きました。多くの話を聞くことで、相場や値段の推移を把握し、一番条件の高い不動産会社に依頼ができました。結果に大満足をしています。

(女性・40代)

サイトが分かりやすく複数の不動産会社へ簡単に依頼ができました。利用をする前に直接不動産会社で相談をしたのですが、1時間以上の打ち合わせで査定額2,500万円と言われました。他の不動産会社の意見も聞きたいと思いましたが、また同じ説明をするかと思うと嫌になり、いえカツLIFEの利用を決めたのがきっかけです。いくつかの不動産会社から連絡がきましたが、最終的には2,900万円で売却ができました。いえカツLIFEのおかげです。

(女性・50代)

いえカツLIFEは提携している不動産会社を厳選しています。そのため、担当者の質も良く、提案力が高いのが特徴です。優良な不動産仲介会社は、より良い結果を求め一緒に悩み、提案をしてくれます。結果、好条件で売却ができるのです。

そういった優良不動産会社を1回の情報入力で一括で探すことができる点で、良い口コミが見られました。

いえカツLIFEの悪い口コミ

いえカツLIFEは査定精度が悪いという印象です。時間はかかっても高額で売却したいと考えていたのですが、良い査定を受けられませんでした。他の一括査定サイトでも依頼をしていたのですが、そちらで紹介された不動産会社の条件が一番良かったです。

(男性・50代)

いえカツLIFEは査定先が選べないのが不安です。既に相談している不動産会社に連絡が入ると気まずいと思い、登録の途中で利用をやめました。

(女性・40代)

一斉に電話を受け、どこの業者と何を話したか分からなくなりました。メールが届いても受けた電話と内容が一致せず、私も悪いと思いますがイライラするばかりでした。

(男性・30代)

査定精度へのご不満や、査定先が選べないので他の不動産一括サイトなどを利用する場合には重複依頼しているかわからず使いづらいとのご意見がありました。

また、査定先が選べないために、どこに依頼したかがわかりづらく、電話やメールの内容がバラバラで不満に思った方もいるようです。

現在他サイトを利用している方や、ご自身で不動産会社にすでに問い合わせをしている方は、いえカツLIFEを利用するのは避けたほうが良いかもしれません。

いえカツLIFEを利用するメリット

いえカツLIFEを利用するメリットは以下の3つ

  • 完全無料で利用ができる
  • 訳あり物件への対応力が一括査定サイトの中でもトップクラス
  • 不動産のプロと法律のプロからサービスが受けられる

こちらの3つのメリットについて詳しく解説いたします。

完全無料で利用ができる

いえカツLIFEは、完全無料で利用ができるサイトです。

引用:https://iekatu-life.com/

不動産一括査定の依頼は他社サイトでも無料でできますが、いえカツLIFEは弁護士への相談も初回無料で対応してくれます。

訳あり物件への対応力が一括査定サイトの中でもトップクラス

引用:https://iekatu-life.com/

訳あり物件の売却を相談したら断られたという方もいるのではないでしょうか。不動産会社によってはトラブル回避の観点から、訳あり物件を受けない会社も存在します。

他社の一括査定サイトでも、物件の内容によっては断られるかもしれません。しかしいえカツLIFEでは、依頼を送信する際に訳ありの内容を選択できる項目があります。そのため、他不動産会社では断られてしまった、という不動産を売却したい方にはおすすめできるサイトです。

不動産のプロと法律のプロからサービスが受けられる

2つのプロと相談できるのは、いえカツLIFEを利用するメリットです。経験豊富な不動産会社の担当者が、より良い売却方法を提案してくれます。「相続」「離婚」「金銭問題」などを抱えた物件の場合は、法律のプロである弁護士への相談が初回無料で受けられます。他の一括査定サイトではあまり見られない助かるメリットです。

いえカツLIFEを利用するデメリット

最後にいえカツLIFEを利用するデメリットの紹介です。

  • 全国対応をしていない
  • 売却方法ごとだと2社の査定しか受けられない

こちらの2つのデメリットについて詳しく解説いたします。

全国対応をしていない

いえカツLIFEは全国対応をしていません。対応エリアは「東京都」「埼玉県」「千葉県」「神奈川県」に限られます。

引用:https://iekatu-life.com/

1都3県以外のエリアで査定を受けたい人は利用できませんので、他サイトを利用する方が良いでしょう。

売却方法ごとだと2社の査定しか受けられない

いえカツLIFEの査定は最大6社ですが、「3つの売却方法」×「最大2社」の計6社です。

引用:https://iekatu-life.com/

例えばリースバック査定を希望しない場合は、4社の査定のみです。査定を依頼する場合は、「仲介」「買取り」「リースバック」の中から、最低2つを選択しなければいけません。仲介だけで6社の査定を希望するなど、柔軟な対応が選べないのはデメリットです。

まとめ

いえカツLIFEは素晴らしい特徴を持った評判の良い一括査定サイトです。

  • 厳選された不動産会社、500社との提携
  • 初回無料で利用できる弁護士相談
  • 3つの売却方法の査定額と売却期間が確認できる

上記の特徴が利用者の満足度を上げています。一般的な物件はもちろん、訳あり物件でも項目を設けて対応しています。

今回はいえカツLIFEを利用する際のメリット・デメリットや口コミからの評判を紹介いたしました。いえカツLIFEを利用して、より良い売却方法の提案をしてくれる不動産会社に出会いましょう。

 

airi(執筆)
Airi.M
ウェブマーケティング企業出身、異色の不動産ライター。
「エンド目線」をなにより大切にしており、エンドユーザー側・不動産業界側、どちらの視点も知っているからこその”濃い”コンテンツ制作に定評がある。多くの不動産関連媒体での執筆経験を持つ。

 

※弊社東京テアトル株式会社は、利用者がコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツを編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任負うものではありません。

※弊社東京テアトル株式会社は、ページに掲載する情報の正確さには万全を期していますが、弊社は利用者が弊社ホームページの情報を用いて行う一切の行為について責任を負うものではありません。