SUUMO不動産売却査定ってどんなサイト?評判や利用するメリットをご紹介!

カテゴリ:マンション売却の手続き・ノウハウ
投稿日:2021.12.18

不動産査定サイトは現在多数あるため、どこで査定を出せばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、SUUMO不動産売却はどんなサイトなのか、他のサイトに比べてどんなメリットがあるかなどをご紹介いたします。
現在不動産売却でSUUMOを利用しようと思っている方は参考にしてください。

SUUMO(スーモ)はどんなサイト?

SUUMO(スーモ)は、全国のマンション、一戸建て、土地などの豊富な物件情報から賃貸、リフォームまで住まいに関する情報が満載の不動産総合ポータルサイトです。SUUMOでは、売却査定を依頼する不動産会社・仲介業者探しのできるサービスも行っています。
SUUMO売却査定は、株式会社リクルートが運営しているサイトで、不動産の相場はもちろん、売却をしてくれる不動産仲介会社を見つけるために非常に便利なサービスです。

SUUMO売却査定
対応物件の種類 マンション・戸建て・土地
掲載する不動産会社数 約2000店舗
サービス開始 2009年
運営会社 株式会社リクルート
同時申込会社数 最大10社

SUUMO売却査定のサービスの流れ

引用:https://suumo.jp/baikyaku/

スーモのサービスの流れは以下の通りです。

  1. スーモ不動産売却査定にアクセスする
  2. 物件の所在地を選択する
  3. 査定不動産の情報を入れる
  4. お客様情報を入力する
  5. 提案された不動産会社から会社を選択する

物件の情報は、物件のタイプ、物件の所在地、おおよその物件の詳細(間取り・専有面積・築後年数)を記入します。
次にお客様情報として自分の情報を記入します。名前・住所・メールアドレスを記入します。電話番号の登録は任意のため、電話での営業を受けたくないという方は記入しなくても査定ができ、手軽に不動産会社を調べることができます。
必要情報を入れると、査定依頼先が一覧で表示されます。必要に応じて売却希望時期、売却希望価格、要望を入力することができます。

SUUMOの運営会社

SUUMOの運営会社の概要は次のとおりです。

運営元 株式会社リクルート
創業 2012年10月1日
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー
従業員数 15,807人(2021年4月1日現在/アルバイト・パート含)
資本金 3億5千万円

株式会社リクルートは、SUUMO売却査定の運営だけではなく、新築マンションや注文住宅の情報誌などの発行や、引っ越しの見積もりサービスなども展開しています。

SUUMO不動産売却査定の特徴

SUUMO不動産売却査定の特徴は以下の3点。

  • 売却実績一覧から不動産会社を探すことができる
  • 売却以外でもサポートがある
  • 大手リクルートが運営しているので安心して利用できる

こちらの3つの特徴についてご紹介いたします。

売却実績一覧から不動産会社を探すことができる

引用:https://suumo.jp/baikyaku/tokyo/

売却したい物件の所在地をクリックすると、売却実績の一覧が確認できます。間取りや土地面積、築年数が近いものがあれば、担当した不動産会社と担当者名まで知ることができるため、似た物件を売却したことのある不動産会社に連絡を取ることも可能です。
不動産会社をチェックする方法はいくつか有りますが、最終的には不動産会社の良い担当者に巡り合えるかが大切です。
SUUMO不動産売却査定で不動産会社を確認し、どのように売却を進めたのか、もしなかなか売れない場合にはどのように対応するのかなどの話を聞くことで不動産売却の失敗を減らすことができるでしょう。

売却以外でもサポートがある

引用:https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/oyaku_category/baikyaku/

SUUMO不動産売却査定では、売却査定以外にも住宅に関わる相続やローンなどのコラム記事を掲載しています。また、売却か貸出か迷っている方のための貸し出す場合の賃料の査定も可能です。
売却の始め方が分からないという方でも、住まいの売却について知りたいことや売却の流れについてを確認できるため、まずは情報収集をしたいという方でも気軽に利用することができるのが特徴です。

また、SUUMO家とお金の相談というサービスも運営しているため、住み替えについて無料でファイナンシャルプランナーに相談をすることができます。

大手企業運営で安心

SUUMO不動産売却査定を運営するリクルートは資本金が3億をこえる大手企業です。情報の品質が安心性を高めています。リクルートが安心できる主なポイントは次の3つです。

  • 東京証券取引所市場への上場
  • 安定した業績
  • 知名度の高い情報サイトを運営

株式会社リクルートは、2014年に東証に上場をしました。
2021年3月期の連結売上収益は2兆2693億円となっており、安定した業績を誇っています。選ばれているからこその売上額です。また連結子会社である株式会社リクルートはSUUMOの他にも求人、旅行、学習など多数の情報サイトを運営しています。

  • ゼクシィ
  • カーセンサー
  • リクナビ
  • はたらいく
  • ホットペッパー

どれも聞いたことが1度はある知名度の高い情報サイトばかりです。リクルートは品質の高い情報の発信に長けています。
そのため、運営元がリクルートであることは大きな特徴であるといえるでしょう。

SUUMO不動産売却査定を利用している人の口コミ・評判

SUUMO不動産売却査定を利用している人のリアルな口コミから評判を紹介します。
良い口コミだけを集めたものではなく、悪い口コミも合わせて紹介しますので、利用した人の声を参考にしてみてください。

SUUMO不動産売却査定の良い口コミ

転勤で使うことのなくなったマンションを売却しました。SUUMOで調べたところ、地域密着型の不動産会社を見つけることができました。地域密着型の不動産会社なので、より信ぴょう性の高いものだと思いました。他のサイトとも併用しましたが、SUUMOはスマホ1つで全て完結することが出来たので、便利でした。
(女性・30代)

土地を相続しましたが、使い道がないため売却しました。いまいちどの不動産サイトにしたらいいか分からなかったのですが、CMや企業名を聞いたことがあるSUUMOで不動産査定を利用しました。他サイトでも査定をしましたが、結局SUUMOが一番査定結果が良く、売却時のアドバイスを貰えるよい担当さんに出会えました。買い手も4か月ほどで見つかったため、大変満足しています。
(女性・50代)

SUUMOは、全国の大手不動産会社はもちろん、地域密着型の不動産会社も調べることができるため、査定結果に信ぴょう性があるという声がありました。
SUUMOだけではなく他サイトと併用する方が多い中、査定額が他サイトよりも良かったという声もありました。

SUUMO不動産売却査定の悪い口コミ

SUUMOだと一括査定対象外地域だった……。他サイトなら少ないけど見つけることが出来たから相談したけど、売れるのかな……
(30代・男性)

SUUMOよりも他のサイトの方が参加している不動産会社が多いため、地方で査定を依頼すると該当する不動産会社がない場合がある。価格査定もSUUMOが行っているわけではないので、もっと力を入れて運営してほしいです。
(40代・男性)

SUUMO不動産査定は、地方での不動産売却には弱いという口コミがありました。首都圏では不動産売却査定会社一覧では地域に絞って会社を探すことができますが、地方では1社しか参加していない、参加不動産会社がないという場所もありました。

SUUMO不動産売却査定を利用するメリット

SUUMO不動産売却査定を利用するメリットは以下の3つ。

  • 営業電話を防ぐことができる
  • 売却事例を見ることができる
  • SUUMOに物件を掲載できる

こちらのメリットについて、以下で詳しく解説します。

営業電話を防ぐことができる

引用:https://suumo.jp/jj/kaisha/shiryou/JJ050FG510/?ar=000&bs=100&senimotokbn=1&sms=D

売却査定サイトの中には、電話番号を登録するとしつこく電話で営業をかけられてしまうのではないかと心配の方も多いのではないでしょうか。
ですが、SUUMO不動産売却査定なら電話番号を登録せずに査定をしてもらうことができるため、連絡手段はメールのみ。メールから不動産会社を決めてこちらから電話をしない限りは電話での営業を受けることがないので、営業電話が苦手という方はSUUMO不動産売却査定がおすすめです。

売却事例を見ることができる

引用:https://suumo.jp/baikyaku/tokyo/

SUUMOでは、物件の情報を入力しなくても、売却実績を確認することができます。もし自分が売却したい物件に近い条件のものがあれば、査定価格の参考になるでしょう。また、ここでは不動産会社と担当名も知ることができるため、問合せをする時に便利です。

不動産会社が選びやすい

SUUMOでは、

  • エリアの売却実績
  • エリアで物件を探している人の数

上記の2点を知ることができます。

売却実績の多い不動産会社は、そのエリアに強い担当者がいる、実績を確認して適切な査定額を出してくれる可能性が高いです。また、探している顧客がいる不動産会社に依頼をすれば、売却がスムーズにいく場合もあります。

不動産一括査定サイトの中では、不動産会社が一括で確認できず、査定エリア内の不動産会社に自動で査定を送ってしまうというサイトもあります。SUUMOなら、どんな会社に依頼ができるのか、実績があるのかを確認してから不動産査定を依頼できるため、安心です。

SUUMO不動産売却査定を利用するデメリット

最後にSUUMO不動産売却査定を利用するデメリットの紹介です。
デメリットは以下の2つ。

  • 対応している不動産の種類が少ない
  • 大手3社には査定依頼ができない

この2点について詳しく解説いたします。

対応している不動産の種類が少ない

SUUMO不動産売却査定で対応しているのは、マンション・戸建て・土地のみです。

他の主要サイトでは、査定が出来る不動産の種類が多いサイトもあります。
SUUMO不動産売却査定のデメリットは、上記3つ以外の特殊な不動産の査定が出来ないことです。特殊な不動産を売却したい場合にはSUUMO不動産売却査定では対応していないため、種類の多いサイトと比べデメリットといえます。

他主要サイトが対応している不動産
イエウール 戸建て・マンション・土地・投資物件・店舗・工場・倉庫・農地
すまいステップ マンション・戸建て・土地・ビル・店舗・事務所・倉庫・一棟物件
オウチーノ マンション・戸建て・土地・倉庫・工場・店舗・事務所・ビル

大手3社には査定依頼ができない

SUUMO以外の多くの査定サイトにもいえるデメリットですが、不動産会社の大手と言われる「三井のリハウス」「東急リバブル」「住友不動産販売」の3社には査定依頼ができなくなっています。

上記の3社は、「すまいValue」にのみ参加しているため、こちらの大手業者にも査定依頼を頼みたいという方にはデメリットに感じるでしょう。

まとめ

SUUMO不動産売却査定は不動産会社の情報が豊富な上に、売却時に必要な情報も確認することができます。まずは査定を貰って考えたい、売却か貸出か迷っている、売却をどう進めればいいか分からない、という方の情報収集として利用することができるサイトです。
電話番号登録は任意ですので、しつこい電話営業の心配もなく、大手リクルートが運営しているサイトですので、安心して利用することができるでしょう。
今回は、SUUMO不動産売却査定を利用するメリット・デメリットや口コミをご紹介いたしました。ぜひSUUMO不動産売却査定を利用して、自分にぴったりの不動産会社を見つけましょう。