中古マンションを売却する時の経費

カテゴリ:マンション売却お金編
投稿日:2019.06.17

先日弊社の直接買取で相続したマンションを売却されたお客様にインタビューをさせていただきました。

「相続した中古マンションを売却する時、何が経費として必要で、いくら位かかるのかが分からず困った」という趣旨のお話をお聞きしました。経費がたくさんかかって手取り金額が少なくなってしまうなら、マンションの相続そのものを放棄しようかとお考えになったようです。

相続した中古マンションを売却する時にかかる経費についてご説明します。

【1】相続したマンションを仲介会社に依頼して売却する時に必要な経費は下記の通りとなります。

仲介イメージ

①仲介手数料

住宅の売買の取引の際、仲介会社(イラストでは東京テアトル)に支払う手数料のこと。仲介手数料は、取引が成立した時点で支払う成功報酬。(仲介会社に依頼せず買主に直接売却する場合は、仲介手数料はかかりません)

売買金額の3%+6万円+消費税

例:3000万円でマンションを売却した場合の仲介手数料

3000万円×3%+6万円+7.68万円(8%消費税)=103.68万円(税込)

 

②売買契約書貼付印紙

不動産の売買契約書は、印紙税法で定められた課税文書に該当するので印紙税が課税されます。

契約書の記載金額によって税額が決定します。印紙税の納付は規定の印紙を契約書に貼り、消印することで完了します。詳細はこちらhttps://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/inshi/7101.htm

 

③登記費用

●相続登記が終わっていない場合、相続登記

●抵当権の設定登記が残っている場合、抵当権の抹消登記

●所有者の登記の住所と現状の住所が異なっている場合、表示変更登記

登記費用とは、下記の税金と報酬を合わせた費用のことになります。

・登録免許税(登記申請の際に支払う税金(国税))

・司法書士への報酬

 

④不用品の処分費用

 

【2】相続したマンションを東京テアトルの直接買取で売却する時に必要な経費は下記の通りとなります。

直接買取イメージ

①仲介手数料は不要

仲介会社に依頼せず、買主となる東京テアトルに直接売却する場合は、仲介手数料はかかりません。

②売買契約書貼付印紙

③登記費用

④不用品の処分費用

東京テアトルに直接売却する場合、不用品などをお部屋にそのままでも売却は可能です。

処分の為に見積もりを業者に依頼したりするなどの手間が省けます。

不用品などをお部屋にそのまま残置をご希望の場合、買取金額から処分費用を差し引かせていただきます。

 

【3】売却にかかる経費 仲介で売却 VS 買取で売却

仲介手数料がかからない分、買取で売却する方が経費は少なく済みます。

仲介は買取より少し高く売れる可能性はありますが、仲介手数料がかかる分最終的に手元に残る手取り額は減ってしまいます。売却金額だけでなく、手取り額で比較をして仲介か買取をお決めになることをお勧めします。

無料売却相談で売却にかかる経費のお見積りをお出しすることもできます。

ご自身のケースで、実際いくら経費がかかるかお知りになりたい方はお気軽にお問い合わせください。

千葉