マンション売却時の内覧。掃除は?来ない時はどうする?

カテゴリ:マンション売却の手続き・ノウハウ
投稿日:2020.06.09

マンションの販売活動中、内覧の対応が必要だというのを知って困惑する人もいるでしょう。

内覧の対応はどのようなことをしなければならないのでしょうか。

準備として必要になる掃除や、内覧に誰もこないときの改善点など、可能性を上げるためのポイントを紹介ご紹介します。

マンション売却の内覧前は掃除が必須!

マンションの売却をするときには、購入検討者から物件の内覧を希望され、不動産仲介業者から対応を求められることになります。
その際にできるだけ良い印象を持ってもらえるようにすることが、マンション売却のポイントです。
内覧の際に室内が汚いと印象が悪くなってしまい、交渉で価格を下げられるなどの問題が生じるリスクがあるため、事前に準備しておくことが重要です。

内覧前に掃除しておきたい場所とポイント

マンションを売却しようとするときにはリビングや寝室はきれいにしておくのが必須ですが、それだけでは十分ではありません
水回りなどの重要な場所についてどんな掃除をしたら良いかの情報を提供するので参考にして下さい。

水回り

水回りは特に内覧のときに確認されやすい点で、キッチンやトイレなどは徹底してきれいにしておくに越したことはありません。
しかしながら、使用頻度の多い水回りにはそれだけひどい汚れも多いことから、自分では誰もが納得してくれるような仕上がりにするのは難しいでしょう。
そこで、水回りはハウスクリーニングを業者に依頼する、というのはいかがでしょうか。水回りのハウスクリーニングは、費用対効果が非常に高いため、検討することをおすすめします。

玄関

玄関は内覧に来た買主がまず目にする部分なので、充分にきれいになっているかを確認することが大切です。
掃き掃除をして床がきれいになっているのは最低条件で、生活しているうちについてしまった落ちにくい汚れも水洗いをして落としておきましょう。
濡れたままにしてしまうと浸水の原因になるので注意が必要ですが、水を撒いてすぐにふき取ってしまえば大きな問題になることはありません。
それでも落ちない汚れがあったら業者に依頼することも合わせて検討しましょう。

ベランダ・バルコニー

ベランダ・バルコニーも内覧のときによくチェックされる部分です。水を撒いてブラシなどで丁寧にこすっておけばほとんどの汚れは落とすことができるため、必ず確認しておきましょう。
ただし、何もしていなくても埃などは溜まる場所なので些細な汚れは気にする必要がありません。
鳩やカラスなどの糞がある、他の部屋から入ってきたようなゴミがあるというのはマイナスの印象を与えてしまいます。
特に糞の汚れは厄介と思われやすいので、きれいに落としておくようにするのがコツです。

その他の共用部分

マンションの共用部分のうち、ベランダ・バルコニーなどの専用使用部分は入居者が清掃を担当することもありますが、管理組合によって業者に依頼している場合がほとんどです。
ただ、内覧のタイミングで業者が入ってきれいにしてくれているとは限らないのが注意点です。
部屋の前の廊下やエントランス、階段、エレベーターなどにひどい汚れがないかを確認しましょう。
もし汚れが目立つようなら管理組合に相談して清掃を依頼するか、清掃業者を紹介してもらって対応してもらうことをおすすめします。

内覧当日のポイント

マンション売却の内覧対策として掃除をするからにはその日の流れを押さえて、どのような対処をしておく必要があるのかを理解しておくのが大切です。

部屋は明るく、広く見えるように

内覧当日にはできるだけ好印象を持ってくれるように準備を整えておくのが重要になります。
部屋をできるだけ明るく見せられるようにするのが基本で、カーテンは最大限まで開けておくようにしましょう。明るくすると部屋が広く見えるようになるのでとても重要なポイントになります。
ブラインドなども可能であれば取り払ってしまって少しでも採光を良くしておくのが大切です。また、不要なものは片づけてスペースがたくさんあるように見せるのも効果的です。

内覧者がリラックスできよう心がける

内覧に来た買主の印象を良くするためにはリラックスできるように心がけるのも重要です。まず内覧に来る前から空調を効かせて快適な環境を作っておきましょう。
また、余計なものは収納に入れてしまって、内覧者の視界に入らないようにしておくのが良い方法です。
そして、時間になって来訪してきたら快活な態度で挨拶をして迎え入れましょう。その印象の良し悪しが購買意欲を大きく左右することがあるので気を付けておくべき点です。
また、最低限スリッパは用意しておくことをおすすめします。

物件の設備や状況を把握しておく

これから売りたいと思っているマンションについて十分な情報調査をしておくのも大切です。
内覧者から質問があったときに適切に答えられないと不安を抱かれてしまったり、他を選ぶ理由にされることがあります。
住み心地についての質問を受けることは多く、湿度がこもらないか、上の階の人はうるさくないか、周りから異臭はしないかなどといったものが代表例です。
嘘をつくわけにはいきませんが、悪い印象を持たれないように回答を用意しておきましょう。

内覧に人がこない時の対処方法

不動産仲介業者に相談して媒介契約を結んで販売活動をしてもらっているはずなのに内覧の申し込みがなくて困る場合もあります。このようなときにはどのような対処をすると内覧に来てくれるようになるのでしょうか。

内覧の対応可能時間を延ばす

申し込みたいと思っても内覧に対応してもらえず、諦めてしまう人もいるのは知っておくべき点です。
例えば、平日の昼間にしか内覧を受け付けていないと働いている人には内覧できません。
土日にだけ対応しているという場合にも、サービス業などで土日に出勤している人は内覧に申し込めないでしょう。
色々な状況の人がいることを考えて、できるだけ対応できる時間を増やすことが内覧を申し込んでもらえる可能性を高めるポイントです。

写真の数を増やす

内覧希望の件数は、物件情報の魅力に大きく左右されます。
公開されている物件情報を見て中古マンションを選ぼうとしたときに、何がまず目に入るかを考えてみましょう。
最初に目を引くのは写真という場合がほとんどで、写真を増やしたり、質を向上させたりすると内覧しようと思ってくれる人が増えます。アピールできる部分をピックアップして掲載するのが大切です。

広告を見直す

広告の記事そのものを全体的に見直してみるのも大切で、不動産仲介業者による販売活動を促進することにもつながります。
アピールポイントがどこなのかをはっきりさせて、記事や写真の内容に反映させるようにしましょう。
また、間取り図が見づらくてよくわからなかったり、縮尺が合っていないのが原因で候補から外されてしまっていることもあります。
きちんと魅力を伝えられる間取り図に直して掲載しておきましょう。

売却価格を見直す

そもそも高くて売れないということもあるので販売価格を見直してみるのも重要です。住宅ローンが残っている場合には売ったお金で返済したいと考えてしまい、高めの価格を付けて販売していることもあります。
しかし、誰もが中古マンションの相場を把握することができるので、相場より高いと買主を見つけるのは困難となるでしょう。
どうしても内覧に人がこない場合、もう一度マンションの査定をしてもらって改めて販売価格を決めましょう。

内覧に関するよくある疑問

内覧後の返事はどれくらいで届く?

マンションの内覧に対応したらすぐにでも購入希望が届くのではないかと期待する人もいるでしょう。しかし、内覧に来てくれた人は複数の中古マンションを検討している場合がほとんどです。
土日にしか内覧に行けない人も多いので、返事が来るまでにかなりの期間がかかることもあるので注意しましょう。即答でその日のうちに回答がある場合もありますが、一般的には1週間から3週間くらいは返事がくるまでにかかっています。

売却決定までに内覧は何件必要?期間は?

人気のある物件ならたった一回の内覧で申し込みがある場合もありますが、きちんと準備をせずに対応してしまうと何回内覧をしてもらっても買ってくれない状況に陥りがちです。
一般的には3回から5回くらいの内覧に対応すれば買ってくれる人が決まります。期間としては2ヶ月から3ヶ月程度になっています。

マンション売却の内覧まとめ

マンション売却をするときには内覧に対応することが必要で、そのために掃除などの準備をしておくことが肝心です。
内覧の申し込みがないときには広告の記事や販売価格を疑い、改善をして多くの人に目を向けてもらえるようにしましょう。