RE-Guideってどんなサイト?評判や利用するメリットをご紹介

カテゴリ:マンション売却の手続き・ノウハウ
投稿日:2022.01.12

​株式会社NTTデータ・スマートソーシングの調査によると、40歳以上の不動産売却者の3人に1人が不動産一括売却査定サービスを利用しているという結果が出ています。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000072457.html

ですが、不動産一括査定サイトは数が多いため、どこで査定を依頼すればいいか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、老舗一括査定サイトを提供する「RE-Guide」について紹介をいたします。サービスの流れや特徴メリットデメリット、リアルな口コミからの評判を不動産一括査定サイト選びの参考にしてください。

 RE-Guideはどんなサイト?

RE-Guide(リガイド) は、2006年にスタートした老舗サイトで、提携不動産会社は全国800社以上の住宅・不動産総合情報サイトです。以前は「SBI不動産ガイド」の名称で運営をしていました。

サービスの中でも得に人気があるのは「RE-Guide不動産一括査定」です。複数の不動産会社に一度の登録で査定依頼ができます。より高い査定額が出る不動産会社を見つけるときに便利なサービスです。

RE-Guide不動産一括査定

対応物件の種類

マンション・一戸建て・土地・アパート一棟・マンション一棟・事務所(店舗ビル一棟)、事務所(店舗ビル一室)等

提携する不動産会社数

800社以上

サービス開始

2006年

運営会社

株式会社ウェイブダッシュ

同時申込会社数

最大10社

RE-Guideのサービスの流れ

引用:https://www.re-guide.jp/assess/

RE-Guide不動産一括査定のサービスの流れは以下の通りです。

  1. RE-Guide不動産一括査定にアクセスする
  2. 査定する不動産の住所と物件種別を選択する
  3. 査定をする物件情報の詳細を入力する
  4. お客様情報を入力する(Yahoo!アカウントを取得している人はユーザー情報の引き継ぎが可能)
  5. 査定を依頼する不動産会社を表示された中から選択する
  6. 任意項目の入力を行い査定スタート

査定する物件情報では、物件の住所、面積、間取り、築年数、現況(居住中など)を入力します。事前に契約書や購入時の図面を準備しておくと入力がスムーズです。

任意項目ですが、「希望売却価格」と「ご希望・ご要望」は必ず入力をしておきましょう。「着信があればこちらから折り返しますので、何度も電話をすることは控えてください」など、こちらの要望を伝えておくと便利です。

 RE-Guideの運営会社

RE-Guideの運営会社の概要は次のとおりです。

運営元株式会社ウェイブダッシュ
創業2014年9月
(合併前の(旧)株式会社ウェイブダッシュは1990年2月設立)
本社所在地東京都千代田区霞が関3-2-6東京倶楽部ビルディング11F
従業員数52名
資本金1億円

株式会社ウェイブダッシュは、インターネットを通じて快適・便利なサービスを提供する会社です。RE-Guide以外にも以下のサイトを運営しています。

  • チケット流通センター:チケット(コンサートや演劇)の売買を仲介するサービス
  • ムスビー:中古ケータイ、スマホのフリーマーケット
  • 生活ガイド:統計データ、市の特徴、行政サービスの情報を提供するサイト

今でこそインターネット事業のみを展開していますが、もともとは土地や建物の有効利用に関する企画・調査・設計の事業を展開していました。

吸収合併した旧SBIライフリビング株式会社が不動産業を行っていたため、そのノウハウを活用し「 RE-Guide」を提供しています。

 RE-Guideの特徴

RE-Guideの特徴は以下の3点。

  • 最大10社に査定が可能
  • 独自審査を通過した不動産会社のみが参加
  • 不動産に関する豊富な情報とサービスが用意されている

こちらの3つの特徴についてご紹介いたします。

最大10社に査定が可能

RE-Guide不動産一括査定では、最大10社の不動産会社に査定の依頼ができます。

知名度の高い査定サイトの最大依頼社数は以下のとおりです。

知名度の高い査定サイトの最大依頼社数

SUUMO

最大10社

イエウール

最大6社

いえカツLIFE

最大6社

ハウマ

最大6社

HOME4U

最大6社

マンションnavi

売買6社+賃貸3社の計9社

マンションレビュー

最大6社

RE-Guideの最大依頼社数は、他社が提供する一括査定サイトと比較をしても多く、多くの不動産会社に売却査定を依頼したい場合は、最大10社に依頼ができるSUUMOやRE-Guideを利用すると良いでしょう。

独自審査を通過した不動産会社のみが参加

RE-Guideと提携している不動産会社は800社以上。他社の一括査定サイトの中には1,500社以上と提携しているサイトもあることから、RE-Guideの提携社数は比較的少なくなっています。

ですが、RE-Guideに参加している不動産会社は、独自審査を通過した信頼のできる会社のみです。審査を通過した優良不動産会社のみに査定の依頼ができる特徴を持っています。

不動産に関する豊富な情報とサービスが用意されている

RE-Guideには、不動産会社に関する豊富な情報とサービスが用意されています。

引用:https://www.re-guide.jp/

一括査定サイト以外のお得な情報とサービスは以下のとおりです。

  • RE-Guide収益物件:不動産投資・収益物件専門サイト
  • RE-Guide賃料一括査定:不動産の賃料を実績豊富なプロの不動産会社が査定
  • ベスト@リフォーム:リフォーム会社へのカタログ請求と見積もり依頼
  • 不動産コラム:住まいを快適にするヒントなど、住宅や不動産に関する情報が満載

売却を決定されていない人には、賃貸に関する一括査定サイトも用意されています。物件によっては、リフォームしてから売却や賃貸を検討するケースも少なくありません。RE-Guideでは両方に対応した一括査定があります。

また不動産コラムでは、いろいろなカテゴリーから情報の取得が可能です。

引用:https://www.re-guide.jp/article/

RE-Guideは不動産に関する情報が満載です。売却に必要な知識を多く得られるのも特徴のひとつです。

 RE-Guideを利用している人の口コミ・評判

RE-Guide不動産一括査定を利用している人のリアルな口コミから評判を紹介します。良い口コミと悪い口コミの両方を知ることで、より正確な評判を確認しましょう。利用した人のリアルな声を参考にしてみてください。

 RE-Guideの良い口コミ

相続のため田舎の戸建てを売ることになったときにリガイドを見つけました。田舎なので査定してくれる会社があるのか不安でしたが、2社ほど依頼先が見つかりました。依頼先が全くないことも予想していたので感謝しかありません。

(男性・50代)

リガイドで査定依頼をと考え入力をしていたら、ぜんぜん聞いたことのない不動産会社が表示されました。地元密着と記載されていたので興味がわき、大手と合わせて依頼をしました。連絡がきたのは地元の不動産会社が最後でしたが、しっかりと調べてくれているのが伝わってきましたので、そちらと契約。リガイドを利用しなければ会うことができなかった不動産会社でした。無事売却も完了でき、大変満足しています。

(男性・40代)

住み替えによるマンションの売却でRE-Guideを利用しました。購入してから10年以上経っていたのでいくらで売れるか不安でしたが、依頼した5社のうち2社から購入時よりも高額な査定結果をいただけたのに驚きです。

(女性・30代)

RE-Guideは全国対応をしている一括査定サイトです。田舎の土地でも売却できたといった口コミも多く見られました。また査定額に満足する声もありました。

 RE-Guideの悪い口コミ

RE-Guideで査定を依頼したのですが、営業電話が多すぎます。私は確かに電話ではなくメールで連絡をくださいと入力しました。しかし、5社のうち3社から携帯に電話が入ったのです。独自審査した不動産会社と記載されていたから信用したのに、半分以上が依頼内容を見ていない会社かと思うと信頼などできるはずかがりません。

(女性・30代)

リガイドで訪問査定を依頼しました。売却希望の土地は私の家からも自動車で1時間程度かかります。依頼をした不動産会社となかなか予定が合わず、だんだんとイライラされているのがこちらにも伝わってきました。私も営業マンの態度に段々とイライラし、もうやめますとはなしたら、これまでの時間が無意味だったと捨て台詞をはかれました。最悪な不動産会社です。

(男性・40代)

リガイドで7社に査定を依頼したのですが、連絡が多すぎて情報が整理できません。電話の希望時間を選択したので、その時間に電話が集中し何がなんだかわからなくなりました。

(女性・40代)

主に不動産会社の対応に関する悪い評判が多く見られました。提携する不動産会社は独自の審査をしていると記載されているだけに、ハードルが上がっているのかもしれません。

 RE-Guideを利用するメリット

RE-Guideを利用するメリットは以下の3つ。

  • 完全無料で利用できる
  • 実績の高い不動産会社が見つかる
  • 査定可能な不動産種類が豊富

こちらの3つのメリットについて詳しく解説いたします。

完全無料で利用できる

引用:https://www.re-guide.jp/

RE-Guideは完全無料の不動産情報サイトです。一括査定や他のサービスも無料で利用ができます。不動産に関する情報も、とくに会員登録することなくすべて閲覧が可能です。

もちろん査定を依頼した不動産会社と媒介契約を締結すれば、成約に伴い仲介手数料などの費用がかかります。しかし媒介契約をする前のサービスまでならばすべて無料です。

実績の高い不動産会社が見つかる

RE-Guideの運営は、元不動産会社です。さらに16年の実績を誇っています。元不動産会社のノウハウと、長い運営期間により築かれた提携企業との関係が、実績のある不動産会社の紹介につながるのです。

厳選された不動産会社に査定を依頼できるのはメリットと言えます。

査定可能な不動産種類が豊富

引用:https://www.re-guide.jp/assess/

不動産一括査定サイトの中には、分譲マンションのみのサービスもあります。戸建てや土地などに対応できないサイトも多いなか、RE-Guideは多種多様な物件の査定を依頼することができます。

さらには、全国対応をしていることもRE-Guideのメリットです。首都圏や一都三県のみでサービスを展開するサイトもありますが、RE-Guideならばどの地域でも対応が可能です。

 RE-Guideを利用するデメリット

最後にRE-Guideを利用するデメリットの紹介です。

  • 約1分の簡単入力ではない
  • 営業電話に悩まされることもある

こちらの2つのデメリットについて詳しく解説いたします。

約1分の簡単入力ではない

引用:https://www.re-guide.jp/assess/

RE-Guide不動産一括査定では、約1分のカンタン入力と記載されていますが、1分ではほぼ不可能です。RE-Guideは、Yahoo!から情報を引き継げますが、それを利用したとしても1分は難しく、情報の入力がかなり多いことがデメリットです。

営業電話に悩まされることもある

一括査定サイトによく見られるデメリットですが、営業電話に悩む人もいます。また、携帯電話に見慣れない電話番号から何件もの着信がある状況を気にする人もいるようです。

ほとんどの不動産会社は何度も電話せず、一度着信を残した後はメールを送り連絡を待ちますが、営業マンによってはしつこいかもしれません。

ほぼすべての一括サイトの口コミでしつこい営業への評判を見ます。仕方がないと言えばそれまでですが、デメリットのひとつです。

まとめ

RE-Guideは住宅・不動産総合情報サイト。不動産一括査定を中心にいろいろなサービスを展開しています。すぐに売却をしたい人から、検討材料としてひとまず査定価格を知りたい人まで、多くの人が活用できるサイトです。

今回は、RE-Guideの使い方やメリット・デメリット、リアルな口コミからの評判を紹介いたしました。RE-Guide不動産一括査定を利用して、自分にあった不動産会社を見つけてください。

 

airi(執筆)
Airi.M
ウェブマーケティング企業出身、異色の不動産ライター。
「エンド目線」をなにより大切にしており、エンドユーザー側・不動産業界側、どちらの視点も知っているからこその”濃い”コンテンツ制作に定評がある。多くの不動産関連媒体での執筆経験を持つ。

 

※弊社東京テアトル株式会社は、利用者がコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツを編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任負うものではありません。

※弊社東京テアトル株式会社は、ページに掲載する情報の正確さには万全を期していますが、弊社は利用者が弊社ホームページの情報を用いて行う一切の行為について責任を負うものではありません。