マンション売却の方法。「仲介」と「買取」の違い

カテゴリ:マンション売却の手続き・ノウハウ
投稿日:2019.07.09

不動産の売却方法には、売却物件を一般のお客様が購入する「仲介」と、不動産会社が直接購入する「買取」の二通りあります。

「仲介」「買取」による売却方法では、それぞれ特徴があるので知っておくと、いざという時に役立ちます。

「仲介」で売却

「仲介」は、売却する不動産を不動産仲介会社に依頼することで、売却が可能になります。当然ですが不動産仲介会社が、不動産を購入するのではありません。文字通り売却したいお客様と購入したいお客様の仲介役を担うのです。そのため販売活動を行って購入希望者を探す必要があります。そこでチラシを新聞に折り込んだり、ご近所のポストに投函したり、インターネット媒体へ掲載したりして、広く購入希望者を探します。また、売主は少しでも不動産を高く売却するためリフォームを行ったり、部屋をキレイに掃除したりすることもあります。

「買取」で直接売却

一方「買取」は、不動産会社が買主になるため、「仲介」のようにいちいち買い手を探す必要はありません。金額面で折り合いがつけばすぐに売却できるので、住み替えや資金計画が立てやすくなります。物件の販売広告が出回ることもないので、ご近所に売却を知られずに済みます。また、見学者に部屋を見せたり、荷物の処分、掃除などを行ったりする必要はありません。さらに、故障や不具合があった場合も買主の不動産会社がリフォームや修理を行うので、売却後にクレームやトラブルに巻き込まれる心配もありません。

まとめ

気になる売却価格は、「仲介」は不動産市場の相場価格、「買取」は仲介手数料はかかりませんが、仲介と比較すると売却価格が低くなることがあります。選択の目安は、築浅や駅近など一般的に買い手がつきやすい物件を所有される方は「仲介」、築20年以上の物件を所有される方で、売れるかどうかの心配をしたくない方は「買取」を選ぶと良いでしょう。

関連記事:マンションの売却の流れ(仲介会社で売却)

関連記事:マンションの売却方法(不動産会社に直接売却)

東京テアトルのマンション売却相談はこちら☎0120-900-881

マンションの査定依頼はこちらhttps://mansion.theatres.co.jp/satei/?content=%E8%A8%AA%E5%95%8F%E6%9F%BB%E5%AE%9A%E3%82%92%E5%B8%8C%E6%9C%9B